梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
くらし・税・TPP

国民の声が通る政治に 梅村議員 党茨城県議団と懇談

カテゴリー:

#277760 

 日本共産党の梅村さえこ衆院議員は1月22日、水戸市を訪れ、党茨城県議団(山中たい子、江尻加那、上野高志の3議員)と懇談し、国政への要望を聞きました。田谷武夫県委員長、大内久美子同副委員長(前県議)が同席しました。

 このなかで、山中県議は、つくばエクスプレスには利用者へのサービス改善を、設置基準がない特別支援学校について設置基準を策定するよう求めたいと語りました。

 江尻県議は、霞ヶ浦導水事業(総事業費1900億円)は事業費の8割が執行されているにもかかわらず、トンネルが完成しているのは3割にすぎない。①環境を破壊し、水道料金の値上げに直結する事業は中止すべきだ②東海第二原発30キロ圏内に居住する100万人の避難計画の策定は困難であり廃炉しかないと要望しました。

 上野県議は、県議選で「子どもたちが夢と希望を持てる政治を」と訴えてきたことを紹介。勉強をしたくても、お金がなくて大学に進学できない子どもが多いことに触れ、奨学金制度の改善・拡充をを強調しました。

 梅村議員は「衆院選、茨城県議選とも躍進しました。『共産党が躍進してよかった』と喜ばれるように国民、県民の声が通る政治をつくるために全力をあげます」と語りました。

 

                         【「しんぶん赤旗」2015年1月23日付】

© 2015 - 2019 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)