梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
栃木

宇都宮市の路面電車(LRT)導入計画は住民合意なし、不許可を国交省要請 塩川・梅村両議員同席

カテゴリー:

#588800

 日本共産党栃木県委員会の野村せつ子副委員長(県議候補)、荒川恒男、福田久美子両宇都宮市議は1月28日、市がすすめる次世代路面電車システム(LRT)導入計画を許可しないことなどを求め、国交省に申し入れ懇談しました。塩川鉄也、梅村さえこ両衆院議員が同席しました。

 LRT導入については昨年1月、市議会史上初となる是非を問う住民投票条例案が提出されるなど、市民の意見は大きく二分したままです。しかし、市は今年1月、工事を始めるため、国への手続きに着手しました。

 当面、445億円(当初260億円)をかけてJR宇都宮駅東口から工業団地までの約12キロを先行する計画です。駅を乗降する労働者の送迎が中心で、沿線近くの一戸建て住宅約3000戸が並ぶ清原団地内はコース外。「街づくりにならない」と反発の声が広がっています。

 荒川市議は、「型どおりの手続きで、導入を認めてはならない」と強く要請。福田市議は「国も現状をよくつかみ、対応してほしい」と求めました。

 LRT計画の総事業費は、駅西口ルートを合わせると約700億円とも試算され、無駄な大規模開発事業で、導入反対の署名が住民の中で広がっています。いっせい地方選挙での大きな争点ともなり、日本共産党は「計画をストップさせ、街づくりと合わせた公共交通の充実を」と訴えています。
                        

                         【「しんぶん赤旗」2015年1月29日付】

© 2015 - 2018 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)