梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
くらし・税・TPP

混雑・高運賃改善して 国とTXに共産党要請

カテゴリー:

 #1686720#1685760

   日本共産党の千葉、茨城両県議団とつくばエクスプレス(TX)沿線5自治体の市議団・候補10人は6月8日、TXの利便性向上を求めて国土交通省とTX本社(首都圏新都市鉄道)に申し入れました。梅村さえこ衆院議員、椎葉かずゆき参院比例候補、斉藤和子衆院議員秘書らが同席しました。
 TXは開業から今年で10周年を迎え、利用者から深刻な混雑や高い定期代への不満が続出しています。

 共産党議員団は、混雑解消のため現在6両で運行されている車両を早急に8両編成するため、8両に対応した駅舎の整備などを求めました。また、「定期代の割引率を、せめてJR並みに引き上げるよう」に要請しました。

 国会内で対応した国交省の担当者は「事業者の経営判断を尊重する」と繰り返しました。
 共産党側は、ラッシュ時の混雑の現状や高い定期代に悩む住民の切実な声を紹介。現在6両で運行されている車両が、10両で免許申請された事実も確認しながら、沿線自治体が無利子出資して黒字経営が続くTXの現状、定期代割引率を高めるなど他の民間鉄道の「経営努力」の実例も示して、「第三セクターとして住民の利便性向上に努めるよう、国の責任を果たすよう」に重ねて求めました。

                          【「しんぶん赤旗」2015年6月9日付】

© 2015 - 2019 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)