梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
憲法、平和・人権

「戦争法案 国民が止める」行動各地発 県民集会各界連帯 群馬

カテゴリー:

 995065_447334078761907_8319991892426549363_n11709230_447334128761902_762004800302282062_n

 国民の圧倒的多数の世論と運動で戦争法案をなんとしても阻止しよう。
国会会期延長が強行されて初の日曜日となった6月28日、全国各地で一点共闘で結集した集会やパレードが取り組まれ、廃案にむけた行動が広がっています。

 高崎市の群馬県民集会には1000人が参加しました。「戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす群馬県共同センター」を代表して、群馬県平和委員会の小田暁男会長が主催あいさつし、「戦争法案をくい止めるたたかいは、憲法に盛り込まれた民主主義の諸原則を守り抜くたたかいと一体だ」と世論をさらに広げようと訴えました。

 日本共産党の梅村さえこ衆院議員がかけつけて「大幅会期延長は、自民、公明の政権党を私たちの国民運動が追い詰めている結果だ」と強調しました。

 県知事候補の、はぎわら貞夫氏=無所属新・共産党推薦=、群馬弁護士会の橋爪健会長、「戦争をさせない1000人委員会・群馬」の共同代表で民主党の角田義一元副議長、元陸自・レンジャー隊員の井筒高雄氏が連帯あいさつしました。

 橋爪氏は「法案は憲法第9条を空文化するもので、戦争の悲惨な経験を繰り返さないという平和国家としての歩みを根底から変えてしまうものです。廃案に追い込もう」と呼びかけました。
 戦争法案の廃案を訴えるアピールを採択後、参加者らは市内をデモ行進しました。

 

                         【「しんぶん赤旗」2015年6月29日付】

© 2015 - 2019 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)