梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
憲法、平和・人権

戦場行かせたくないから署名 党女性後援会が七夕宣伝

カテゴリー:

 11412335_450223305139651_2276648933571718405_n

 日本共産党全国・全都女性後援会は7日、東京・JR新宿駅西口で戦争法案に反対する宣伝をおこないました。参加者は七夕にちなんで浴衣を着て短冊へのメッセージやシールアンケートを呼びかけました。同法の廃案を求める署名には、大学生や高校生などが次つぎと応じ続けました。

 音楽プレーヤーのイヤホンを耳から取って宣伝を聞いていた男子高校生(17)=東京都新宿区=は、「絶対に戦争反対。誰も戦場に行かせたくないから署名します。デモにも参加したい」と語り、初めて街頭での署名に応じました。

 神奈川県鎌倉市の男性(20)は「日本がどうなるか不安だから、戦争法案反対の署名を見つけたらなるべくしています。安倍首相は何がしたいのかわからない」と話しました。
 「憲法9条を絶対に守るべきです」と短冊に書いた同新宿区の女性(80)は「父が出征し、帰ってこなかった70年前の戦争のことは一生忘れられない。同じ思いはもう誰にもさせたくない」といいます。

 日本共産党の梅村さえこ衆院議員、和泉なおみ都議、業者や労働者後援会の代表らがマイクを握り「戦争法案を絶対に許さない国民の声をご一緒に広げましょう」と呼びかけました。

 

                          【「しんぶん赤旗」2015年7月8日付】

© 2015 - 2019 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)