梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
原発・放射能・災害

豪雨被害 党国会議員が住民の要望聞く 茨城・常総で塩川・梅村氏

カテゴリー:

150912常総水害調査P1220220150912常総水害調査P1220271

 日本共産党の塩川鉄也、梅村さえこ両衆院議員と小林きょう子・参院茨城選挙区予定候補、田谷武夫党県委員長は9月12日、茨城県常総市を訪ねました。山中たい子党県議、石川栄子、堀越道男の両党市議らが同行しました。

 地域の大半が浸水した五箇地区の調査では、つくば市の親戚宅に身を寄せている男性(59)が「三坂新田町にある家は今でも水没しています。用意されている舟は二つしかなく順番待ち。家のようすを見に行きたい」と話しました。

 高杉徹市長から報告を聞いた塩川議員は、罹災(りさい)証明書の弾力的な発行や、二次避難所としての旅館やホテルの借り上げなどを提案。「私たちからも県や国に要望していきます。制度に不具合のある場合は、ぜひ知らせてください」と伝えました。

 石川市議が、生活ゴミについて「福祉センターに持っていけば無料で回収してくれるというが、お年寄りなどは持っていけない」とのべると、市長は「家の前や所定場所に出しておけば回収するようにしたい」と答えました。
 

                          【「しんぶん赤旗」2015年9月13日付】

© 2015 - 2019 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)