梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
子育て・女性

児童扶養手当と年金併給で懇談

 DSCN7542

 日本共産党の梅村さえこ衆院議員は8月31日、国会内で、児童扶養手当をめぐる問題について、茨城県取手市の女性から要望を聞きました。上野高志茨城県議、遠山智恵子取手市議が同席しました。

 女性は、シングルマザーの娘が子育てできる状況にないため、孫2人を引き取って育てています。娘が育てていた時は児童扶養手当が支給されていたのに、孫を引き取った途端に、年金があるとして手当が支給されないのはおかしいと訴えました。

 梅村議員は、懇談で出された「中学、高校に進学するとさらに費用もかかる。年金だけでは子育てできない」「年金は自身の老後の生活のためにある」との訴えにふれ、「児童扶養手当は拡充・改善が求められており、子どもの貧困打開の観点からもしっかり取り組んでいきたい」と話しました。

 

【「しんぶん赤旗」2016年9月6日付】

© 2015 - 2019 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)