梅村さえこ(日本共産党衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
くらし・税・TPP

税申告 マイナンバー不要 全生連が省庁交渉で確認

dscn8914

  全国生活と健康を守る会連合会(全生連・安形義弘会長)は8日、国が個人情報を管理するマイナンバー(共通番号)制度をめぐり、担当省庁と国会内で交渉し、税申告の際、マイナンバー記入がなくても申告が受け付けられることを確認しました。総務省、国税庁、内閣府の3省と交渉しました。

 総務省の担当者は、「マイナンバーの記入がない場合も税申告を拒否することはない。申告を受け付ける。記入がないことによる罰則はない」と回答しました。国税庁の担当者も、「マイナンバー記入がないことを理由に受理を拒否することはなく、罰則もない」と話しました。

 参加者は、新潟県南魚沼市の住民が税申告の際にマイナンバーを記入しないことを伝えたところ、市役所から「記入拒否の理由書を住所・氏名とともに提出せよ」と同市が作成した「マイナンバー未記入 理由書」への記入を求められた事例を紹介。「まったく必要がないと周知徹底してほしい」と申し入れました。

 総務省と国税庁の担当者は、「法令上、そういった書類を出してもらう必要はない。自治体にもそういった指導はしていない」と回答しました。

 全生連はこのほか、▽行政から発送される通知などにマイナンバーを記載しない▽国民のプライバシーを侵害するマイナンバー制度そのものを廃止するーことを求めました。

 日本共産党の梅村さえこ衆院議員が同席しました。

【「しんぶん赤旗」2017年2月10日付】

 

© 2015 - 2017 梅村さえこ(日本共産党衆議院議員)