梅村さえこ(日本共産党衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
くらし・税・TPP

LRT審査は慎重に 強行の宇都宮市に指導を 国交省・総務省に陳情 栃木・5党2市民団体

dscf5039dscf5030 

 宇都宮市のLRT(次世代型路面電車)導入をめぐり、栃木県の日本共産党、民進党、社民党、新社会党、緑の党の5党と市民団体「宇都宮市のLRT問題連絡会」「宇都宮市のLRTに反対し公共交通を考える会」の代表ら15人は16日、同計画の慎重な審査と指導を求める陳情書を、国土交通相、総務相あてに提出しました。

 市は、着工に向けて新年度予算に約76億円を計上。工事許可に必要な申請書の提出を準備しています。

 陳情書は、計画の是非を争点とした昨年11月の市長選で、反対を掲げた新人候補が、現職市長に約6000票差まで迫ったことを指摘。「(市は)住民合意を得たとする客観的な担保を(市民に)明らかにするよう(国に)指導してほしい」と求めています。

 共産党の福田久美子市議は「選挙後、市は丁寧な説明をすると言ったが、一方通行のままだ。アンケートすら集めない」と述べ、国に強い指導を要請しました。しかし、対応した国側の担当者は「住民合意は、許可の法的な要件ではない」との立場に終始しました。

 共産党の梅村さえこ衆院議員は、石井啓一国土交通相が「住民や関係者の合意形成に向けた取り組みは大変に重要だ」と答弁していることを指摘し、国の対応を批判しました。

 陳情には、日本共産党に塩川鉄也、梅村さえこ両衆院議員、野村せつ子県議、荒川恒男、福田両市議、民進党の福田昭夫衆院議員、田城郁前参院議員、松井正一県議、今井恭男市議らが参加しました。

【「しんぶん赤旗」2017年3月19日付】

© 2015 - 2017 梅村さえこ(日本共産党衆議院議員)