梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
くらし・税・TPP

新しい政治 共同の力で 埼玉・蕨 笠井・梅村議員が訴え

 

 日本共産党埼玉県委員会は9日、安倍暴走政治ストップ、次期衆院選での梅村さえこ衆院議員(北関東比例、埼玉15区候補)の勝利に向けて、蕨(わらび)市のJR蕨駅前で街頭演説を行いました。肌寒い曇り空の下、大勢の市民が訴えに耳を傾けました。

 笠井亮衆院議員・政策員会責任者が演説し、安倍政権による学校法人「森友学園」への国有地格安払い下げや、同法人が幼稚園でしていたような「教育勅語」を使った教育を閣議決定で認めたことを批判。「一刻も早く(森友学園問題を)真相解明しなければ、日本がおかしくなってしまう」と強調しました。

 核兵器禁止条約制定の国連会議に、日本政府が参加しなかったことや、トランプ米政権によるシリアの軍事攻撃に安倍政権が支持表明したことに強く抗議。米政権による北朝鮮への軍事的対応も容認しているとして「こんな政治を続けていたら日本の平和も世界の平和も守れない」と話しました。

 笠井氏は、共産党が伸びることが野党共闘の進める力になると述べ「暮らしの声、民の声で安倍政権と対決する梅村さんを、埼玉15区から国会に送ってほしい」と訴えました。

 梅村氏は、安倍暴走政治に対抗した、個人の尊厳を大事にする政治を求める国民の運動が起きているとして「埼玉15区から市民と野党の共同で新しい政治をつくるうねりを起こそう」と語りました。

 演説を聞いた蕨市の藤木千恵子さん(62)は「安倍政権は日本を戦前に戻そうとしているようでこわい。それを食い止めるには共産党を勝たせて安倍首相を引きずり降ろさなくちゃ」と話しました。

【「しんぶん赤旗」2017年4月12日付】

© 2015 - 2017 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)