梅村さえこ(日本共産党衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
憲法、平和・人権

「共謀罪」強行阻止へ全力 廃案目指す集会に5200人 野党・市民の共闘で必ず

カテゴリー:

 

 「絶対に強行採決させない」ー。政府・与党が「共謀罪」法案の強行採決をねらい緊迫するなか、東京・日比谷野外音楽堂で13日、「共謀罪」法案の廃案をめざす集会が開かれました。会場外にもあふれる5200人(主催者発表)が参加し、「市民と野党の共闘で必ず廃案に」と訴えました。主催は、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」と「共謀罪NO!実行委員会」。

 埼玉県所沢市の佐藤勝利さん(72)は、「渓流9条の会」の仲間と参加。「私たちは『右手に釣りざお、左手に憲法』と平和を守ろうと活動してきた。国民に説明しないまま通そうとするとは、国民を愚弄(ぐろう)する態度です。廃案にして、こんな政権退陣に追い込みたい」

 主催者あいさつした共謀罪のNO!実行委員会の海渡弁護士は、「強行採決を止めるため持てる力の全力をかけてたたかおう」と訴えました。

 日本弁護士連合会の山岸良太憲法問題対策本部長代行は「一般市民も監視対象にされる監視社会になる」と批判。

日本ペンクラブの吉岡忍専務理事は、人権を抑圧する法律ができれば「必ず悪いほうへ転がることは歴史が証明している」と強調。日本労働弁護団の棗(なつめ)一郎幹事長は、「国民が統一戦線を組んで安倍政権を倒そう」と呼びかけました。

 集会後、参加者は銀座に向けてデモしました。

【「しんぶん赤旗」2017年6月14日付】

© 2015 - 2017 梅村さえこ(日本共産党衆議院議員)