梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
子育て・女性

埼玉・八潮 4人必勝へ演説会 安倍政権ノー・暮らし守る

梅村議員が訴え

 埼玉県八潮市の日本共産党は23日、8月27日告示(9月3日投票)の市議選(定数21)で、ぐんじ伶子(73)、かの泰司(65)、たかなみ幸雄(63)=以上現=、いけや正(67)=新=の4候補当選をめざして、演説会を開きました。

 4氏が、それぞれ決意表明。ぐんじ氏は、中学卒業までの医療費無料化や就学援助制度改善なども実績を紹介し、市民の願い実現へ粘り強く取り組む党市議団の値打ちを語り「4人の共産党市議団を引き続き議会に」と力説しました。

 かの氏は、市議団が実施した市民アンケートで「暮らしが良くなった」との回答がわずかだったことをあげ、市財政の黒字を市民の暮らしに使うよう訴えました。

 たかなみ氏は、障害者や高齢者などの暮らしを支える政治が必要と強調。市民と力を合わせ、全小中学校に特別支援学級を設置したことや特別養護老人ホームの整備を進めていることなど成果を語りました。

 いけや氏は、大きな市民運動になっている小中学校へのエアコン設置や、八潮駅南部の消防署設置などに全力をあげると訴えました。

 梅村さえこ衆院議員が講演。安倍内閣の支持率急落など激動する政治情勢を語り「国民一人ひとりの声が安倍政権を追い込んでいます。解散・総選挙に追い込み、一日も早く安倍政権を倒しましょう。そのためにも市議選で必ず共産党4候補の当選を」と訴えました。

 なえむら京子衆院埼玉14区候補と、勇退する池谷和代市議があいさつしました。

【「しんぶん赤旗」2017年7月25日付】

© 2015 - 2017 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)