梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
くらし・税・TPP

参院選/比例7氏全員勝利を/志位委員長が発表

「しんぶん赤旗」2017年12月28日付・1・3面より

 日本共産党の志位和夫委貝長は27日、党本部で記者会見し、2019年参院選の比例代表予定候補(第1次)7氏を発表しました。

 志位氏は、第3回中央委員会総会で「850万票、15%」という得票目標を決めたことに言及。「この間の選挙の結果に照らすと、850万票で必ず獲得できる議席数は7となります。議席目標は7としました」と説明しました。

 各候補を紹介した志位氏は、「人格、識見、論戦力、どれも抜群、“ベスト7”の候補者です。7人全員当選のために全力をあげたい」と決意を表明しました。

――中略――

比例第1次7予定候補略歴(カッコ内は主な活動地域のブロック、県)
○紙智子(62)現
 参議院議員3期、党常任幹部会委員、党農林・漁民局長(北海道、東北)
○梅村さえこ(53)新
 前衆院議員1期、党准中央委員、国民運動委員会委員(北関東)
○小池晃(57)現
 党書記局長、参議院議員3期、医師(東京都)
○しいば寿幸(41)新
 党中央委員、千葉県副委員長(南関東)
○井上さとし(59)現
 参議院議員3期、党参議院幹事長、党幹部会委員(東海、北陸信越、京都府)
○山下よしき(57)現
 党副委員長、参議院議員3期、党参議院議員団長(京都府を除く近畿)
○仁比そうへい(54)現
 参議院議員2期、党参議院国対副委員長、党中央委員、弁護士(中国、四国、九州・沖縄)

==========================================

参院比例7予定候補/決意

 27日に発表された2019年参院選の日本共産党比例代表候補7氏は党本部で志位和夫委員長とともに会見し、参院選に臨む決意を語りました。

――中略――

梅村さえこ予定候補(北関東)/消費税増税阻む

 祖父が空襲で亡くなり、母は女手一つで育てられ、苦労するなかで「女だから」と言って上の学校に行けませんでした。“戦争は絶対ダメだ“”女性の差別をなくしたい“との思いが政冶活動の原点
です。

 9条改憲の動きを、もう一度国会に行って止めたいと立候補を決意しました。

 19年10月には消費税10%への増税が計画されています。10%増税は2度断念させています。参院選で、この流れを強くすることが3度目の断念に追い込む決定打になります。なんとしても国会に駆けあがりたいと思います。

――以下略――

© 2015 - 2018 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)