梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
国民連合政府

さいたま・川口市/新春宣伝/塩川・梅村・伊藤氏

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」2018年1月4日付・4面より

 日本共産党埼玉県委員会は1日、さいたま、川口両市で新春宣伝を行いました。塩川鉄也衆院議員、梅村さえこ参院比例候補、伊藤岳参院埼玉選挙区候補が、2018年も奮闘する決意を語りました。

 伊藤氏は、昨年は街頭やつどいで共産党を語る取り組みを進めてきたと述べ「共産党は、誰もが等しく尊重される社会をめざします」と強調。梅村氏は「2018年は、一部の権力者が政治を動かす時代から、一人ひとりの市民が政治を動かす新しい時代をさらに前に進める年です。みなさんの願いを届けるために、参院比例候補として頑張ります」と訴えました。

 塩川氏は、安倍政権のもとで貧困と格差が拡大するなか、長時間労働の是正や生活保護の基準引き下げストップなどを求めていくと表明。「自衛隊が海外で武力を使うことを可能にする、9条改憲を断念させるために、3000万署名を大きく広げましょう」と呼びかけました。

 さいたま市のJR浦和駅前で、宣伝に足を止めた女性(23)=大学生=は「父が仕事で朝早くから夜遅くまで働き、過労死寸前までいってしまったことがあるから、ブラック企業をなくすという共産党には期待しています。頑張ってほしい」と話しました。

 

 

© 2015 - 2018 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)