梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
くらし・税・TPP

「本当の改革進める」共産党を大きく/新宿駅前/参院比例7予定候補が新春街宣

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」2018年1月10日付・1面より

 来年の参院選をたたかう日本共産党の比例予定候補7氏が9日、東京・新宿駅西口で新春街頭演説を行いました。各予定候補が決意表明し、比例候補の小池晃書記局長は「力量も経験も試され済みのベストメンバーです。どうか日本共産党を大きくして、国会で仕事をさせてください」と熱く訴え。多くの人が演説に耳を傾け、立ち止まって拍手を送る青年もいました。

 紙智子予定候補は「歯止めなき自由貿易を進める安倍農政を転換し、農業と地域経済・コミュニティーを再生させるために力を尽くす」と訴えました。

 梅村さえこ予定候補は「一番の弱いものいじめである消費税に頼る政冶をやめさせ、公平な税制や、8時間働けば暮らせる社会をつくる」と表明。

 しいば寿幸予定候補は「米国から戦争する道具を買うのでなく、税金は社会保障に使わせよう。どの子も安心して学べる社会を実現しよう」と力を込めました。

 「私の原点は原爆への憤りです」と語った井上さとし候補は、「ヒバクシャ国際署名を広げて核兵器禁止条約を批准する政府に変えよう。市民と野党の共同を広げ、核兵器も原発もない社会を」と訴えました。

 山下よしき予定候補は「9条改憲は制限のない海外での武力行使に道を開き、日本社会の姿、形を変えるものだ。国会発議を許さない一点で立場を超えて力を合わせよう」と呼びかけました。

 仁比そうへい予定候補は、全国で米軍基地強化による被害が起こるなか、「安保条約と米軍の都合を上におき、住民の命や安全を二の次にしている」として安倍政権打倒を訴えました。

 小池氏は、「市民と野党の“本気の共闘”で自民、公明などを少数に追い込もう」「政冶を変えるために、共闘勢力が伸びるなかで、共産党の議席も伸びることが必要です」と力説。22日召集の通常国会で、森友・加計学園疑惑の徹底追及をはじめ、「米国言いなり、トランプ言いなりの外交や財界中心の政冶を根本から変える本当の改革を進めたい」と述べました。

 

© 2015 - 2018 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)