梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
埼玉

“安倍内閣は総辞職”/森友文書改ざんに怒り/塩川・梅村・伊藤氏訴え/埼玉

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」3月18日付・首都圏版より

 日本共産党埼玉県委員会は16日、森友学園文書改ざん問題を徹底追及し、安倍内閣の総辞職を求める「怒りの緊急街頭演説」を、さいたま市で行い、塩川鉄也衆院議員、梅村さえこ参院比例予定候補、伊藤岳参院埼玉選挙区予定候補が訴えました。

 雨の中、JR浦和駅前では多くの人が足を止め、手を振り声援を送る人もいました。

 伊藤氏は、「市民と野党の共闘の力で、何としても安倍政治を終わらせましょう」と強調。

 梅村氏は、「データや文書のねつ造、改ざんは『働き方改革』や南スーダンの日報問題など、相次いで行われてきた。これらを繰り返す安倍政権に、みなさんの命と暮らしは守れません」と訴えました。

 塩川氏は、時事通信の最新の世論調査では、安倍内閣の支持率について、不支持が支持を上回ったとして、国民の怒りが大きく広かっていると強調。「国会での集中審議や佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問で、森友問題の真相を徹底解明するとともに、安倍昭恵氏の証人喚問を実現しよう」と呼びかけました。

 訴えに拍手を送っていた男性(62)=さいたま市桜区=は「森友問題は絶対に安倍さんが関わっていると思うし、ひとごとみたいな態度の麻生財務大臣もひどい。たまたま通りかかったら、たくさんの人が集まっていて、共産党はすごいですね。正々堂々と訴えてほしい」と語りました。

© 2015 - 2018 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)