梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
憲法、平和・人権

平和願う集い各地で/核兵器廃絶へ/誓いの鐘響く

カテゴリー:

禁止条約批准/頼高市長訴え/埼玉・蕨

「しんぶん赤旗」8月7日付・首都圏版より

 広島に原子爆弾が投下された6日、埼玉県蕨(わらび)市の原水爆禁止協議会は市内の長泉院で「第53回わらび原爆死没者慰霊鐘つき祭」を行い、50人が参加しました。

 参加者は午前8時15分に市が鳴らすサイレンにあわせて黙とうし、核兵器廃絶への願いを込めて鐘をつきました。

 頼高(よりたか)英雄市長があいさつし、昨年、国連で核兵器禁止条約が採択されたことは、被爆者らの粘り強い運動の成果だと強調。「唯一の被爆国である日本政府に条約を批准させる、明確な目標に向けて頑張りましょう」と呼びかけました。

 埼玉県原爆被害者協議会(しらさぎ会)の高橋溥(ひろし)事務局次長もあいさつ。広島の爆心地から1・5キロほどの場所で被爆し、火に覆われて家もつぶされる中で、何とか生き延びた体験を語り「(各国の政府が)できるだけ早く核兵器禁止条約に署名・批准し、核兵器も戦争もない平和な世界になってほしい」と話しました。

 日本共産党の梅村さえこ参院比例予定候補、市議団も参加しました。

© 2015 - 2018 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)