梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
くらし・税・TPP

消費税増税止めよう/草加市議選あす告示/梅村氏が応援/埼玉

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」10月20日付・首都圏版より

 21日告示・28日投票の埼玉県草加市議選(定数28)で日本共産党5氏全員当選に向けた街頭演説が19日、草加駅前であり、梅村さえこ参院比例候補が応援にたちました。

 佐藤のりかず、斉藤ゆうじ、藤家あきら=以上現=、大里ようこ、石田けい子=以上新=の5候補とともに、平野あつ子県議候補が共産党議席の値打ちを訴えました。

 5候補は、引退表明している田中和明市長の暮らし応緩市政をさらに前にすすめるために、共産党の5議席が欠かせないと決意表明。国保税・介護保険料の引き下げ、子ども医療費無料化を18歳まで拡大、子育て・教育施策の充実などの政策を語りました。

 梅村氏は、安倍政権が来年10月からの消費税10%を閣議決定したことに関連し、「市議選、来年の県議選、参院選で共産党を躍進させ3度目の増税断念に追い込もう」と呼ひかけました。

 演説を聞いていた自由党員の女性(81)は。「これからは野党共闘ですよ。共産党は、やってること言ってることのすべてが素晴らしい」と語りました。

© 2015 - 2018 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)