梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
くらし・税・TPP

「増税対策」会頭も懸念/埼玉/梅村氏と川口商工会が懇談

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」1月23日付・首都圏版より

 日本共産党の梅村さえこ参院比例予定候補は21日、埼玉県川口市で川口商工会議所と懇談を行いました。日本共産党の村岡まさつぐ県議や板橋ひろみ、金子ゆきひろの両市議も同席しました。

 同商工会の児玉洋介(ひろすけ)会頭は、消費税率10%への増税とともに導入される「軽減」税率について、現在のレジスターでは対応できないなどの問題点があると指摘し。「10%にするなら一律10%にした方がいい」と批判。クレジットカードなどを用いて購入するとポイント還元するという「景気対策」については、「カード決済を導入しているか否かで来客数に差がでることになる。導入したとしても、還元したら小売店は利益がでない。場合によってはカード会社に払う手数料もかかることになる」と懸念を表明しました。

 梅村氏は、「地域経済を守るためにはこのままではまずいということを会頭からも言ってほしい。声を上げることが川口の業者のみなさんを守ることになる」と訴えました。

 児玉氏は、今回の消費税増税は「小さい事業者のことを全く考えていない」と怒りをあらわにしました。

 これに対し、村岡氏も「小さい事業者からは、『増税やろうと言う人たちは私たちのことをちっとも考えていない』との声が上がっている。何をどうしからいいかわからないからお手上げ状態になる」と述べ、共感しました。

© 2015 - 2019 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)