梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
くらし・税・TPP

やはぎ氏で市政転換/水戸市長選/梅村参院比例予定候補が激励

「しんぶん赤旗」4月10日付・首都圏版より

 14日告示(21日投票)でたたかわれる水戸市長選で。「未来にはばたく水戸の会」が擁立する弁護士の、やはぎ陽一予定候補=無所属、日本共産党推薦=が7日、市内各所で街頭宣伝をし、市政の転換を訴えました。

 同市議選(14日告示・21日投票、定数28)をたたかう日本共産党の、田中マサキ、土田きよみ、なかにわ次男=以上、現=の3氏も現有議席の絶対確保を訴え、梅村さえこ参院比例予定候補が市長選と市議選勝利へ応援に駆け付けました。

 やはぎ予定候補は、市が320億円をかけて計画する新・市民会館建設について、「立ち退きに反対していたが、家を明け渡さないといけない」など地権者から寄せられる憤りの声を紹介し、「住民泣かせの市民会館計画は見直しを」と呼びかけました。

 また、東海第2原発について、事故が起きれば27万人の市民が避難することは不可能だとし、「市長として再稼働させないために働きたい」と訴えました。

 梅村氏は、今度の統一地方選が、消費税と国保税のダブル増税にストップをかける大事な選挙になると指摘。「真っすぐ筋を通す共産党を市政でも国政でも伸ばしてください」と訴え、やはぎ氏勝利と共産党の躍進を呼びかけました。

© 2015 - 2019 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)