梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
憲法、平和・人権

新しい社会へのチャンス/埼玉・川越/梅村・伊藤両氏

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」6月14日付・首都圏版より

 日本共産党の梅村さえこ参院比例予定候補は北関東キャラバンの一環で13日、埼玉県川越市で伊藤岳参院埼玉選挙区予定候補と共に訴えました。

 梅村氏は、安倍9条改憲や年金問題などを批判した上で、32ある参院1人区で候補者を一本化する動きが進んでいると報告。安保法制廃止など13項目の共通政策にもふれ、「安倍政権に代わる政権の姿が浮き彫りになってきた。新しい社会をつくるチャンスがやってきた。与党を少数に追い込んで市民と野党の共闘で新しい政治を切り開こう」と強調しました。

 伊藤氏は、消費税10%への増税や戦闘機147機の爆買いなどを批判。税金の集め方と使い方のゆがみをただして大学学費の半減や特別養護老人ホームの増設などを実現すると訴えました。「(参院選で)日本共産党と書いてくれる人を広げに広げてほしい。伊藤岳の1議席が安倍政権退陣の決定打となる」と力を込めました。

 演説を聞いた男性(74)=川越市=は「(政府は)年金のウソの問題に対していいかげんだ」と話しました。

© 2015 - 2019 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)