梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
くらし・税・TPP

生放送!とことん共産党/梅村候補と市民運動の仲間が語る

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」6月14日付・3面より

高松氏 市民動けば変わる
当間氏 私たちの声国政に
梅村氏 変革の扉開けよう

 日本共産党のインターネット番組「生放送! とことん共産党」が13日に配信され、梅村さえこ参院比例予定候補が、市民運動を通じて知り合った高松久美子さん、当間健一さんと、参院選への決意や政治を変える展望について語り合いました。司会は朝岡晶子さん。

 高松さんと当間さんは、安保法制の強行や東日本大震災・原発事故を機に政治を変えたいと運動を始め、国会質問にまともに答えない安倍政権の姿を街頭で再現する「コッカイオンドク」や、性犯罪・性暴力被害ワンストップ支援センターの拡充を求める署名などに取り組んできました。

 高松さんは、ワンストップ支援センターの相談受け付けが24時間・365日に拡充されたと述べ、「市民が動けば行政は変わる」と笑顔。当間さんは「梅村さんなら、市民目線で私たちの声を国政に届けてくれる」とエールを送りました。

 梅村予定候補は、原点の「消費税をなくす会」の運動や、“消費税は社会保障のため”のごまかしについて語り、「弱い者いじめの消費税を社会保障の財源にするのは間違いだ」と指摘。共産党の参院選政策「くらしに希望を―三つの提案」を紹介しました。

 高松さんは、市民の願いに合致する提案だと歓迎し、「財源の案も出しているのに、まだまだ知られていないのが悔しい。頑張って、みんなに分かってもらいたい」と語りました。

 梅村予定候補は「共産党が消費税に頼らない財源を示せるのは、財界中心、アメリカ言いなりの政治を変えようと提案しているからだ」と強調。ジェンダー平等や性差別・性暴力根絶、性の多様性の尊重などへの思いも語り、「参院選で、誰もが自由でのびのびと、楽しく暮らせる社会への扉を開けたい。そのために比例候補7人をぜひ押し上げていただきたい」と訴えました。

© 2015 - 2019 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)