梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
埼玉

「比例代表は共産党」願い実現へ全力尽くす/大激戦の東京・埼玉・神奈川/小池書記局長駆ける

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」7月20日付・2面より(梅村候補に関係する部分の抜粋)

 日本共産党の小池晃書記局長は19日、最終盤の参院選で大激戦の東京・埼玉・神奈川の各選挙区を駆け抜けました。小池氏は「比例ではまだ現有5議席に届いていない。なんとしても7議席へ躍進を」と訴え、当落線上の大接戦をたたかう東京の吉良よし子候補の必勝と、埼玉・伊藤岳、神奈川・あさか由香の両選挙区候補の勝利を呼びかけました。

〈埼玉〉

 作家の中沢けい氏が「共産党は国会に声を届けてくれる。投票へ行くことが間違いなく社会を良くします」と応援。

 梅村さえこ比例候補は自民党支持者が「安倍政権は信頼できない」と共産党を支持してくれたと述べ「声が届けば共感が広がる」と訴えました。

 伊藤候補は、「9条のしばりを自衛隊に及ばなくする安倍改憲の危険な暴走を止める。埼玉の議席を改憲勢力には渡さない」と気迫を込めて訴えました。

 小池氏は、安倍首相の9条改憲が海外の戦争で米軍とともに自衛隊員の血を流させることを可能にすることだと述べ、「若く未来ある命が奪われる戦争への道を絶対に許してはならない」と強調。「産経」18日付の同選挙区候補者アンケートで憲法改定に関し、自民や維新などが「賛成」、他候補が「どちらとも言えない」と回答する中、伊藤候補が唯一「反対」を明言していると紹介し「9条を守る願いを党派を超えて比例は共産党、選挙区は伊藤候補を押し上げてください」と力を込めました。

© 2015 - 2019 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)