梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
子育て・女性

新しい政治/国民と開く/塩川・伊藤・梅村氏訴え/埼玉

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」12月10日付・首都圏版より

 日本共産党の塩川鉄也衆院議員と伊藤岳参院議員、梅村さえこ衆院北関東比例予定候補は臨時国会が閉会となった9日、さいたま市のJR浦和駅西口で訴え、きたる解散・総選挙で安倍政権を退陣に追い込む決意を語りました。

 梅村氏は、10月から国民に消費税10%増税が押し付けられたもとで、安倍政権による「桜を見る会」の税金私物化問題が発覚したことを批判し「『税金は国民のために使え』の声を大きく広げよう」と呼びかけました。

 塩川氏は、「桜を見る会」疑惑をめぐり、野党が結束して国会の会期延長を求めたことを紹介し「このまま幕引きすることは許されない。今後も追及の先頭に立ちます」と強調。伊藤氏は「カネで買収するような政治は、もう終わりにしよう。国民が納めた税金が、国民のために還元される、新しい政治を切り開きましょう」と訴えました。

 訴えを聞いていた女性(50)=さいたま市=は「自民党は『逃げ切った』と言うけど、その言葉に後ろめたいことがあるというのが表れている。野党はまだまだ追及してほしい」と話しました。

© 2015 - 2020 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)