梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
ほっとレポート

駆けある記/子どもの少年野球を応援/梅村さえこ前衆院議員

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」6月30日付・首都圏版より
 
 「自分に負けるな」「かっとばせー」。
 
 参院選まで1年。北関東を駆けめぐる中、休日は、小6の子どもの少年野球の応援や当番に費やします。
 
 白球を全力でおいかけ、笑顔や時に侮し涙を見せる子どもたちの応援は、一生懸命頑張ることや“挑戦”の大切さを教えてくれ、かけがえのない時間です。
 
 私自身も、中高とバレーボールに熱中。楽しさ、厳しさ、仲間と力を合わせることを学び、何より強い体を、農作業の手伝いとともにつくってくれました。
 
 アメフト間題などはスポーツ活動のあり方を問い直しています。
 
 先日の群馬での国政、県政懇談会では、学校部活動のスポーツ指導員についての交流がありました。
 
 わが子たちの中学校では部活の部長をしたり、大会で良い成績をとると、内申加点になる制度があり、スポーツとは、部活動とはと考えさせられます。
 
 サッカーのワールドカップで盛り上がる子どもたち。南北、米朝首脳会談などに道をひらいたオリンピック。
 
 「スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことは、すべての人々の権利である」。スポーツ基本法の理念が広がることを願って、北関東を駆けながら、地域から少年野球の応援にがんぱります。
© 2015 - 2018 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)