梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
憲法、平和・人権

戦争法案 草の根から反対の声を 梅村衆院議員が訴え 埼玉

カテゴリー:

11114730_948065308557323_6484290256781080996_n 11202069_948066301890557_281500159578156234_n

  日本共産党の梅村さえこ衆院議員は5月16日、埼玉県朝霞市、川越市の駅前で、「戦争法案」阻止を訴える街頭演説を行いました。

 梅村氏は、安倍首相が「戦争法案」の成立を国民より先にアメリカに約束し、短期間で強行しようとしていると批判。国会の審議入りを許さず、撤回させるために運動と論戦に全力を挙げると述べ、「草の根からご一緒に反対の声を上げましょう」と語りました。

 大勢の聴衆が駅前に集まり、演説に「そうだ!」と声をかけました。

北朝霞駅前で足を止めた東京都小平市の男性(42)は、親戚が特攻隊で命を失ったと述べ、「私は戦争を知らない世代ですが、(『戦争法案』で)戦争に行くことになるのは私たちや子どもたちです。戦争は夢や人生を奪ってしまいます」と話しました。 
 同日、塩川鉄也衆院議員と伊藤岳参院埼玉選挙区候補は、さいたま市の大宮駅前で訴えました。

 

                         【「しんぶん赤旗」2015年5月17日付】

© 2015 - 2020 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)