梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
野党連合政権

小異残して大同につけ戦争法廃止広げよう 二見元公明党副委員長と梅村衆院議員と懇談

カテゴリー:

2015100508984

  日本共産党の梅村さえこ衆院議員は10月5日、元公明党副委員長で運輸大臣も務めた二見伸明氏を茨城県土浦市の自宅に訪ね、「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の提案をめぐって懇談しました。小林きょう子参院茨城選挙区候補、山中たい子県議が同席しました。

 梅村氏は、戦争法強行可決に反対する国会内外のたたかいにふれてながら「野党がバラバラではだめだ、一つになれというのが国会周辺や全国からの要望でした。国民連合政府をつくるために他の党との選挙協力を行うことも提案しました。みなさんの知恵を借りて実現したい」と述べました。

 二見氏は、国民の運動が広がり、国会内での野党共闘が最後まで崩れなかったことについて「なによりも、この法律は憲法違反だからです。国民にもそれがわかったということです」と指摘。「共産党と手を組むぐらいの度胸がなければ政権は取れない。『小異を残して大同につく』ことが必要だ」と話し、参院選、衆院選と勝利を積み重ねることが日本の民主主義をつくっていくことになると語りました。
                          

                          【「しんぶん赤旗」2015年10月6日付】

© 2015 - 2021 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)