梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
くらし・税・TPP

大型予算で病院救って/埼玉・川口/梅村氏/陰圧テント設置病院訪問

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」4月23日付・4面より

 日本共産党の梅村さえこ衆院北関東ブロック比例予定候補は22日、新型コロナウイルス調査のため、埼玉県川口市の、感染源の拡散を防ぐ陰圧テントを設置した埼玉協同病院を訪問しました。村岡正嗣県議と松本幸恵市議が同行しました。

 協同病院は県提供の陰圧テントを備えた発熱外来を22日から稼働させました。非接触型体温計による検温や風邪症状の自覚の確認などを入り口で行い、発熱や風邪症状のある来院者を発熱外来に案内しています。

 増田剛病院長はテント設置について、感染者が増加する中、院内感染防止のため発熱者などを分離することを重視したと説明。「圧迫感やビニール類の臭いなど、要改善点もある」「分離して対応できない中小病院のため、同様の発熱外来を各地に増やすべきだ」と話しました。

 また、診療抑制による減収で多くの医療機関がつぶれかねないと強調。「目減り分を補填(ほてん)してもらわないとどうにもならない。行政には未曽有の危機だと認識してもらいたい」と訴えました。

 梅村氏は「新型コロナの対応に追われる中、一般患者が減り、医療機関は財政危機に直面している。補正予算による数兆円規模の財政支援が必要だと感じた」と話しました。

© 2015 - 2020 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)