梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
くらし・税・TPP

危機打開/消費税5%こそ/高校生が賛同/なくす会訴え

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」8月25日付・5面より

 消費税をなくす全国の会と東京の会は24日、東京・巣鴨駅前で街頭宣伝をしました。新型コロナによる暮らしと経済危機の打開へ、消費税を5%に減税させようと訴え、署名を呼びかけました。

 全国の会常任世話人の梅村さえこ日本共産党前衆院議員(衆院比例北関東ブロック予定候補)は、GDP(国内総生産)がマイナス27・8%になったことに触れ「暮らしや営業への一番の支援は消費税減税です。PCR検査の拡充や医療機関への補償も急務です。ただちに国会を開いて議論せよと声をあげましょう」と訴えました。

 東京の会の林幸二事務局長は「安倍首相の連続在任日数が歴代最長になりましたが、消費税の2回の増税や医療・福祉切り捨てなど、憲法と暮らし破壊の連続でした。暮らしを守るため、消費税を5%に戻しましょう」と話しました。

 通りがかった高校生の女性(16)は「コロナで日本中が苦しんでいるなか、消費税を5%にすれば暮らしへの応援になると思う」と述べ、署名しました。

© 2015 - 2020 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)