梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
子育て・女性

野党連合政権へ/いざ/栃木/山添・梅村氏ら

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」10月11日付・4面より

 日本共産党の山添拓参院議員は、宇都宮市のJR宇都宮駅で、梅村さえこ衆院北関東比例予定候補、小選挙区の青木ひろし(1区)、岡村けい子(5区)両予定候補とともに、総選挙での共産党躍進と野党連合政権樹立を訴えました。雨の中、聴衆の傘の花が咲きました。

 山添氏は、菅政権の日本学術会議会員任命拒否について「議論のすり替えをせず、なぜ法解釈を変えたのか、なぜ任命拒否をしたのかを説明すべきで、できないなら全員を任命すべきだ」と訴え。また「今回の総選挙は、野党共闘に逆流が生まれた前回とは違う。消費税減税や核兵器禁止条約批准などでも野党間で合意が広がっている」と述べると聴衆から「チャンスだ」と声が上がりました。

 梅村氏は、コロナ禍で苦しむ人々を助ける政治を実現するためにも「北関東の党の議席を1のままにしておけない」と、複数議席への決意を述べました。

 赤ちゃんを背負った娘(20)と参加した鹿沼市の女性は「学術会議の問題は民主主義の破壊。菅さんの政治を終わらせてほしい。演説を聞いて娘は、『赤旗』を読むと言っています」と話しました。

© 2015 - 2020 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)