梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
子育て・女性

少人数学級・保育ともに/群馬県桐生・みどり市/梅村さんら訴え/小集会・宣伝

「しんぶん赤旗」10月24日付・首都圏版より

 日本共産党の梅村さえこ衆院北関東比例予定候補は22日、群馬県桐生市・みどり市で、小集会や街頭宣伝を行いました。共産党桐生・みどり地区女性後援会の主催。

 桐生市では、渡辺ひとし市議と小集会に参加。梅村氏は、自公政権の隠蔽体質、コロナ禍で苦境に立つ事業者へ支援などについて党の考えを紹介。野党統一のために何が必要かとの質問に、ぶれない共産党を伸ばすこと、市民の力で野党を鍛えることと話しました。

 街頭宣伝で梅村氏は、インフルエンザとコロナ同時流行への備えは急務だと指摘。予備費10兆円で、PCR検査拡充や、「三蜜」を防ぐために学校・保育園などの少人数化が必要だと訴え、「子どもたちの今と未来を輝かせるため、共産党を総選挙で躍進させ、政権交代を実現しよう」と呼びかけました。

 演説を聞いた男性(74)は「うそばかりの政権へのマスコミの追及も弱い。野党共闘で政権交代してほしい」と話しました。

 桐生市では渡辺、関口直久両市議、みどり市では常見のり子市議も訴えました。

© 2015 - 2020 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)