梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
子育て・女性

政権交代一緒に実現しよう女性キャラバン/梅村氏訴え/埼玉

「しんぶん赤旗」10月30日付・首都圏版より

 日本共産党の梅村さえこ衆院北関東比例予定侯補は29日、女性のキャラバン宣伝で、川越、所沢、朝霞、さいたまの埼玉県各市を巡り、日本共産党躍進と野党連合政権実現を訴えました。神田三春衆院9区予定候補、工藤かおる衆院4区予定候補、柳下礼子、前原かづえ両県議、党市議らも訴えました。

川越市で

 梅村氏は、菅義偉首相による日本学術会議の人事介入や、自民党の杉田水脈衆院議員の「女性はうそをつく」発言を強く批判。「政冶を大本から変え、一人ひとりを大事にする社会をつくる必要がある。日本共産党を大きく伸ばして一緒に政権交代を実現しよう」と呼びかけました。

 神田氏は、コロナ禍で自殺者が急増していると紹介し、「政冶による支援かまず必要なのに、菅首相は自己責任を押しつける。日本共産党の躍進で野党連合政権を実現しよう」と訴えました。

 工藤氏は、菅首相の自己責任論を批判。「高すぎる国民健康保険税も介護保険改悪も全て国の問題だ。野党連合政権をつくろう」と強調しました。

朝霞市で

 演脱を聞いた女性(67)=川越市=は「菅首相にはすぐに退陣してほしい。困っている人を助けるのが政冶の役割なのに、それを果たしていない」と話しました。

© 2015 - 2020 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)