梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
子育て・女性

女性の地位向上図る/すどう市長候補強調

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」11月13日付・首都圏版より

 宇都宮市長選(15日投票)での、すどう博候補勝利に向けて12日、日本共産党の梅村さえこ衆院北関東比例予定候補がかけつけました。この日は、女性宣伝デーで、市民団体、女性議員が次々にすどう氏応援のマイクを握りました。

 梅村氏は、ウイズユー、ミートゥーなど市民が政治を動かす流れが大きく広がっているとし、「誰もが大事にされる、新しいジェンダー平等社会をつくりましょう。弁護士として常に弱者に寄り添い、子どもたちの笑顔、女性の人権のために奮闘してきた、すどう候補を市長に押し上げ、新しい宇都宮をつくっていきましょう」と訴えました。

 すどう氏は、世界の中で低い地位にある日本の女性か、新型コロナ禍の下、さらに大変な状況におかれていると指摘。「女性の地位向上、ジェンダー平等、マイノリティーをしっかりと守り、すべての人がもっと楽しく生きられる宇都宮をつくりたい」と述べました。コロナ感染の拡大にふれ、「不要不急のLRT(次世代型路面電車)にお金を使うのではなく、コロナ対策をしっかりやって経済活動もできるようにし、私たちの生活を取り戻そう」と、支持を訴えました。

© 2015 - 2020 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)