梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
子育て・女性

命守る政治へ/政権交代必ず/@埼玉・熊谷/梅村候補/塩川氏「感染対策」

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」12月6日付・4面より

 日本共産党の塩川鉄也衆院議員・北関東比例予定候補は5日、埼玉県熊谷市で梅村さえこ衆院北関東比例予定候補、小山しんや衆院埼玉11区予定候補とともに街頭演説し、来たる解散・総選挙での政権交代とともに、比例北関東ブロックの共産党の複数議席実現を訴えました。

 塩川氏は、新型コロナウイルスの感染が広がり、医師数(人口10万人当たり)などが全国一少ない埼玉県の入院病床も半分以上が埋まる中、菅政権のコロナ対策は「無為無策」「逆行」だと批判。「『国民の苦難軽減』を立党の精神とする共産党を大きく伸ばし、コロナ感染防止対策を大きく前に進めましょう」と呼びかけました。

 小山氏は、コロナ禍に苦しむ青年や学生の声を聞いてきたことを紹介し「誰もが希望を持てる社会をつくりたい」と強調。梅村氏はこの間、少人数学級の実現へ大きく前進してきたとして「今が正念場です。子どもたちに少人数学級をプレゼントできるように、おとなたちから声を上げましょう」と訴えました。

 演説を聞いた、元教員の女性(71)=熊谷市=は「現役の教員の時は、どんなに頑張っても実現しなかったけど、今が少人数学級を実現するチャンスだと思います。子どもたちのために、ぜひ実現してほしい」と話しました。

 

© 2015 - 2021 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)