梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
子育て・女性

暮らし守る政治へ/埼玉・上尾/穀田氏「党躍進ぜひ」/梅村予定候補

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」12月15日付・4面より

 日本共産党の穀田恵二国対委員長・衆院議員は13日、埼玉県上尾市で街頭演説し、「共産党の躍進なしに野党連合政権はできません」と訴えました。

 穀田氏は、戦前の日本が共産党への弾圧と一体に戦争への道に進んでいったことや、政府の意向に沿わない人が排除された日本学術会議への人事介入問題について触れ「全体主義の道へ行くのか、民主主義の道へ行くのかの分水嶺(れい)だ。民主主義を守る共産党を前進させるたたかいを」と呼びかけました。

 梅村さえこ衆院北関東比例予定候補は、党子どもの権利委員会責任者として、政府に子どもに関わる新型コロナウイルス対策を求めてきたことを紹介し「国会に戻って、子どもの権利が輝く新しい社会をつくりたい」と強調。秋山もえ県議も訴えました。

 演説を聞いた男子高校生(18)=桶川市=は「民主主義を守らない人たちが今の政治をやっていて、共産党こそが民主主義を守っている」と話しました。シングルマザーの女性(46)=上尾市=は「コロナで子どもの生活や学習環境に大きな影響が出たし、そういう細かいところに目が届くのが共産党だと思いました。梅村さんのような女性議員が増えてほしい」と語りました。

© 2015 - 2021 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)