梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
くらし・税・TPP

共産党/各地で一斉宣伝/北関東・梅村氏/消費税減税/日本こそ

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」2月20日・4面より

 日本共産党の梅村さえこ衆院北関東ブロック比例代表予定候補は19日、同ブロックいっせい宣伝に取り組み、栃木県佐野市で街頭演説を行いました。

 梅村氏は新型コロナで「一部の病院や福祉施設の職員に検査をするようになってきたが、まだ不十分。社会的検査をさらに広げるべきだ」と話しました。また、「50カ国以上で消費税が減税されている。10%に引き上げられ、経済が落ち込んだところにコロナ拡大。日本こそ消費税減税をするべきだ」と述べました。

 梅村氏は「国民に我慢を押し付けながら自公の議員は深夜まで銀座で飲食し、その後も次々と会食が明らかになる。菅総理の息子は接待疑惑まで持ち上がっている」「市民と野党の共闘で、特権意識の政治家、政治の私物化をやめさせよう。野党連合政権でケアに手厚い社会、自然エネルギーに切り替え原発ゼロの社会、ジェンダー平等の社会を実現しよう」と訴えました。

 演説を聞いた佐野市の女性(71)は「周りでは、政治のことはわからないと言いながら生活が苦しいと怒っている人が大勢いる。総選挙も市議選も共産党に伸びてほしい」と話しました。

© 2015 - 2021 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)