梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
子育て・女性

大規模検査と支援こそ/水戸/梅村比例予定候補ら訴え/「命と生活守れ」

「しんぶん赤旗」4月17日・首都圏版より

 茨城県の日本共産党水戸市委員会は16日、梅村さえこ衆院北関東比例予定候補を市内に迎え、来月2日に開かれる北関東ブロックオンライン演説会の視聴と総選挙での共産党の躍進を呼びかけました。中庭次男市議も訴えました。

 梅村候補は新型コロナ対策をめぐる政府の対応で「持続化給付金も1回きり、罰則強化ばかりを迫るやり方は間違っている」と批判し、大規模なPCR検査と中小業者への支援を一体にした対策をすべきだと強調。「オリンピックをこのまま続けていいのか」と指摘し、「コロナ対策が求められる中で、命と暮らしを犠牲にすることは許されない。急いで中止の決断を下すべきだ」と訴えました。

 また共産党か中学・高校生、教職員、保護者などを対象に始めた「校則アンケート」を紹介し、「下着や毛髪の色を強制する人権侵害の校則は間違っている」と力説。「子どもの人権を守りどんな学校にするかを考える取り組みだ」とし、アンケートへの協力を呼びかけました。

© 2015 - 2021 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)