梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
子育て・女性

政権交代実現へ心躍る/前橋/梅村比例予定候補ら囲む集い

「しんぶん赤旗」5月22日・首都圏版より

 前橋市で20日、日本共産党の梅村さえこ衆院北関東比例予定候補、たなはしせつ子群馬1区予定候補を囲む集いが開かれ、31人が参加しました。新日本婦人の会前橋支部内日本共産党後援会の主催。

 梅村氏が、日本のコロナワクチン接種率が世界で110位、PCR検査数が145位と低いのは自公政権の責任だと指摘。共産党を伸ばして次の総選挙で政権交代を実現しようと呼びかけ、結党100年を前に政権を争うことに携われることは心が躍ると話しました。

 たなはし氏が「オリンピックを中止してコロナ対策優先にと声を上げよう。総選挙を野党統一候補としてたたかいたい」と呼びかけました。

 小林久子、近藤好枝の両前橋市議が、市が進めるスーパーシティー構想の危険性や、がん検診の有料化などの問題を報告しました。

 会場から「スーパーシティー構想の問題点を広く市民に伝える必要がある」「野党共闘の風を吹かせ勝利しよう」など活発な意見や感想が出ました。

© 2015 - 2021 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)