梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
子育て・女性

共産党伸ばし政権交代/埼玉・浦和駅/塩川・伊藤・梅村氏

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」6月18日・首都圏版より

 日本共産党の塩川鉄也衆院議員、伊藤岳参院議貝、梅村さえこ衆院北関東比例予定候補は通常国会が閉会した16日、さいたま市のJR浦和駅西口で緊急宣伝し、目前に迫った東京都議選と総選挙での党の躍進、政権交代を訴えました。

 梅村氏は、東京五輪・パラリンピック観戦に子どもを動員する計画について、埼玉県では、さいたま市など多くの自治体で中止になったとして「市民の大きな声が政治を動かした」と強調。伊藤氏は「東京都民の安心・安全を脅かしてまで、開催する意義かどこにあるのか。五輪は中止の決断をすべきだ」と訴えました。

 塩川氏は同日未明、参院で土地利用規制法案が強行採決されたことに抗議し「国民のプライバシー権、財産権を侵害する違憲立法は廃止を」と強調しました。

 訴えを聞いた女性(69)=ふじみ野市=は「商売をやっているので、コロナ禍の大変さがよくわかります。五輪を中止して苦しんでいる人にお金を出してほしい」と話しました。男性(61)=さいたま市浦和区=は「都議選の応援に行ってからきました。都議選で共産党を躍進させ、総選挙で野党連合政権を実現させたい」と語りました。

© 2015 - 2021 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)