梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
埼玉

2021総選挙/政権交代/力合わせ/「比例は共産党」よびかけ/北関東キャラバン/塩川・梅村・大内・伊藤氏/埼玉4市

カテゴリー:

しんぶん赤旗」9月11日・4面より

 日本共産党の塩川鉄也衆院議員・北関東比例予定候補と伊藤岳参院議員は総選挙に向けた北関東キャラバン宣伝で10日、埼玉県の朝霞(あさか)、新座(にいざ)、川越、所沢の4市で総選挙勝利を訴えました。所沢市の西武鉄道所沢駅東口では梅村さえこ、大内くみ子両衆院北関東比例予定候補、朝霞、新座両市では工藤かおる衆院埼玉4区予定候補も訴えました。

 塩川氏は、菅義偉首相の辞任表明について「それだけコロナ失政が重大であり、安倍政権から続く強権政治に国民から強い批判があったということだ」と指摘。「総選挙で共産党の議席を増やして、命とくらし最優先の政治にしよう」と訴えました。

 梅村氏は、新自由主義の社会を変え、命が何よりも大切にされる政治をつくろうというのが野党連合政権の姿だと強調し、「政治の責任は自己責任ではなく公助にある。そんな本来の政治を取り戻そう」と呼びかけました。

 大内氏は、自公政権による原発再稼働固執や石炭火力発電所9カ所の新設計画を批判し「原発も火力発電所もやめ、再生可能エネルギーに切り替える政権をつくろう」と訴えました。

 伊藤氏は「正社員が当たり前で、病院や保健所を増やす社会にしよう」と力を込めました。

© 2015 - 2021 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)