梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
埼玉

近郊農家ら要望次々/さいたま/梅村比例候補と交流

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」10月10日・地方ワイド版より

 日本共産党埼玉県委員会と党農業農民後援会は9日、梅村さえこ衆院北関東比例予定候補を招き、さいたま市の見沼たんぼで都市近郊農家と語る集いを開きました。松本幸恵川口市議も参加しました。

 梅村氏はコロナ禍で米価が暴落していることについて、「国が過剰米を買い取り、困窮する学生などに無償提供することや、価格保障などを緊急に行うよう訴えてきた。政権交代して農業への自己責任押しつけを変えよう。要望を聞かせてほしい」と話しました。

 見沼たんぼで農業体験事業などをしている女性は、「農業で出る二酸化炭素を減らせないかと試行錯誤しているが、効果が見込める農業資材の価格が高く、なかなかうまくいかない。農業資材が安くなるような政策など、生産じゃない部分も考えてほしい」と話しました。

 さいたま市緑区で体験農園をしている男性は、「(田畑の上に太陽光発電設備を設置する)ソーラーシェアリングが推進されようとしているが、初期投資が大変だ。もっと始めやすいようにならないか」と話しました。

 梅村氏は「皆さんの声を国会に届けたい」と述べました。

© 2015 - 2021 梅村さえこ(日本共産党前衆議院議員)