梅村さえこ(日本共産党元衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
くらし・税・TPP

“埼玉燃ゆ”で北関東比例2議席必ず/さいたま市/志位委員長が訴え

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」10月26日・1面より

 大激戦となっている総選挙(31日投票)での勝利にむけて、日本共産党の志位和夫委員長は25日、さいたま市、東京都北区で演説し、「『比例は共産党』を広げに広げ、『埼玉燃ゆ』の状況をつくりだして、埼玉から、北関東から、政権交代と共産党の躍進を勝ち取ろう」と呼びかけるとともに、東京・北区では「池内さおり候補(比例重複)を東京12区から国会に押し上げてください」と訴えました。

 さいたま市で訴えた志位氏は、「いま比例北関東ブロックは、1議席から2議席目を奪還できるかどうか。当落線上に向け猛追の状態です。塩川鉄也さんを引き続き働かせていただくとともに、梅村さえこさんの議席を奪還しよう。大激戦を制して押し上げよう」と力を込めました。

 志位氏は、コロナから命を守るための日本共産党の提案について三つの角度から訴え。この中で志位氏は、札幌市での居酒屋店主との懇談で、「これまでの給付金で一番役に立ったのは、なんですか」と聞くと、店主から「それは持続化給付金です。でも、一回きりしかでない。なんとかならないですか」と語られたことを紹介し、「持続化給付金、家賃支援給付金の第2弾を支給させよう」と訴えました。

 その上で、法改正が問題になっていると述べた志位氏は、「罰則を強化するような方向は反対です。脅しつけて、国民を従わせようというやり方は間違っている」と批判し、法改正するなら、「自粛とセットで補償する」と明記すべきだと訴え。「いまの感染症法の一番の弱点は、これが書かれていないことです。補償をしっかり明記した法改正、新しい国会でやろうではないですか」と呼びかけました。

 志位氏は、安心と希望のもてる日本をつくる「四つのチェンジ」をくわしく訴え、「この四つの願い、どうかこぞって日本共産党に託してください」と訴えました。

 北関東比例の塩川候補は、コロナ禍で「自粛と補償はセットで」と求めたとして、「一連の経済政策を実現しました。日本共産党を伸ばせば、政権交代へと動かすことができる」と強調し、梅村候補は「政権交代を実現し、消費税を5%に減税しよう」と述べました。大内くみ子候補が訴えました。

 小選挙区の6候補が紹介されました。

 

© 2015 - 2021 梅村さえこ(日本共産党元衆議院議員)