梅村さえこ(日本共産党元衆議院議員)-北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬・茨城)比例代表選出
栃木

共産党躍進/必ず/休業と補償はセット/倉林氏@宇都宮

カテゴリー:

「しんぶん赤旗」10月27日・6面より

 日本共産党の倉林明子副委員長は26日、宇都宮市で梅村さえこ衆院北関東比例候補、青木ひろし栃木1区候補とともに街頭演説し、党躍進で政権交代をと訴えました。

 倉林氏は「自公政権はコロナ感染拡大の中で五輪を強行し、感染者を自宅療養を基本として助かる命が失われた。命を守ることが政治の最低限の仕事だ」と強調。「第6波が来たときにまた休業を求めても、すでに限界。休業を言うなら補償をセットに」と訴えました。

 また、「格差を拡大するアベノミクスは終わりにしよう。消費税の減税と、富裕層・大企業の応分負担で格差を是正しよう」「気候危機は待ったなしの課題。石炭火発をまだ続ける自民党ではCO2を減らせない」と力を込めました。

 梅村氏は「党の掲げる四つのチェンジが実現すれば、日本はがらりと変わる。そのチャンス。勝利へ全力を尽くす」、青木氏は「労働者は低賃金で、学生は高学費で苦しむ社会を変えよう」と訴えました。

 ビラを見て聞きに来たという男性(76)は「共産党は政策が的確で頼もしい」と話しました。

© 2015 - 2021 梅村さえこ(日本共産党元衆議院議員)