梅村さえこ-
憲法、平和・人権

健闘の選挙区候補 9条改憲阻もう

カテゴリー:

参院選比例区で再選を果たした岩渕友氏と、埼玉選挙区候補として奮闘した梅村さえこ氏らは11日、さいたま市で参院選の結果を報告する街頭演説を行いました。JR浦和駅西口には多くの支援者が駆け付け、両氏に拍手とエールを送りました。

梅村氏は、議席には届かなかったものの、選挙戦では「憲法9条を壊さないで」との声が次々に寄せられたと紹介。選挙結果を受け、事務所で支援者にあいさつした際に、若い支援者から「改憲ストップへ、くよくよしている暇はない。新しいたたかいのスタートだ」と声をかけられたとして「9条を力にした平和外交で子どもたちの命を守りぬく政治へ、引き続き力を合わせましょう」と呼びかけました。

岩渕氏は、目標としていた比例5議席に届かなかったとして「残念で悔しいが、全国のみなさんの大奮闘があっての私の議席。その思いをしっかり受け止め、今まで以上に2倍、3倍と国会で全力を尽くしたい。みなさんと力を合わせ、政治を変えていきます」と訴えました。

塩川鉄也衆院議員、伊藤岳参院議員も訴えました。

訴えを聞いた男性(45)=さいたま市=は「結果は残念だけど、訴えがもっと広がれば社会を変えられるはず。引き続き頑張ってほしい」と話しました。

(しんぶん赤旗2022年7月12日付より)

© 2015 - 2024 梅村さえこ