梅村さえこ-
くらし・税・TPP

新春随想/被災地支援へ消費税減税

「しんぶん赤旗」1月20日・首都圏版より

衆院比例予定候補(北関東)/元衆院議員 梅村さえこ

 元且宜伝をJR川口、浦和、大宮駅、宇都宮市内で行い、帰りに、緊急地震警報が鳴り響き、新幹線が止まりました。

 被災地は冷たい雪。命が救われ、災害関連死をうまない支援を少しでも現地へと救援募金に立っています。浦和駅前では「東日本大震災で被災した。今度は力に」「親戚が能登にいる」と募金。高崎駅前では小学生が「テレビを見ていて悲しい気持ち。早く普通の生活に戻れるように」と。川口市の20歳のつどい会楊前では「自民党の裏金はひどい。税金を被災地に使って」の声。政冶の責任か大きく問われています。

 昨年12月24日は消費税法強行採決から35年の「怒りの日」行動でした。JR新宿駅頭での「減税するなら消費税 インボイスは中止に」の宜伝・駅一周デモには若者から「消費税はきつい」「税金は金持ちからとれ」と声が上がりました。

 消費税は被災者のみなさんの生き抜くための水、食料品、衣類、赤ちゃんのおむつにもついてまわります。今後、住宅や店舗、漁船の再建には膨大な消費税がかかります。政府は今こそ、物価高騰対策とともに、被災地支援としても消費税減税を決断し実施すべきです。自民党政治を終わりに。北関東2議席奪還へ頑張ります。

© 2015 - 2024 梅村さえこ